2005年07月18日

J1リーグ戦 第17節 東京×横浜

FC東京 4−0 横浜Fマリノス(得点者 東京=今野、鈴木規×2、馬場)

見どころがいっぱいあって楽しいのに、時間が経つのが遅く感じました。
もう、こんな試合だったら・・・何時間でも観たいよ〜(やるほうはムリだから)

1点目のセットプレイからの得点、久しぶりでしたね。
今ちゃんの頭で決まる前から、栗ちゃんが良い球を蹴っていたので
それがしっかりカタチになって良かったなぁ〜と思いました。
2点目の起因を作ってくれた、みっちゃんは相変わらず攻守に走り回っていたし、
それで得たFKを規郎がしっかり決めてくれたのも嬉しかった〜。
(栗ちゃんのキックが良かったから「栗ちゃんに蹴らせれば・・・」とか言ったのはナイショw)
3&4点目は、カウンターから。
規郎も憂太も一度はDFに阻まれたけど、それでもゴールに向かっていく姿勢は
この試合を象徴していたように思いました。

守っては決定的な場面を土肥ちゃんがセーブしてくれたり、
土肥ちゃんがセーブできないときは浄くんが身体張って守ってくれたり、
モニとジャーンも連係がよくとれていたし、
中盤の選手も前線の選手もしっかりプレスかけていて。
まさに「全員守備&攻撃」という感じでした。
危ない場面もあったけど、混戦もゴールだけは破らせないぞ!という気迫がありましたね。

何より嬉しかったのは、
梶山が梶山だ〜!(調子良いときに戻ってきてる)とか
ノリカルと憂太が戻ってきた〜!とか・・・そうゆうこと。
フミさんタイム(交代)を有効に使えるのも嬉しかったですねー。

ハーフタイムに上がった花火は、後半の東京3得点を予言していた!?
050717_1955〜0002.jpg 050717_1954〜0001.jpg
そんな風にさえ思えた、夏の夜の試合でした(^-^)

ヒロミのカエルジャンプを生で見れたのも良かったなー(笑)


原博実監督 記者会見コメント
両チーム選手 試合終了後コメント
【J1:第17節 F東京 vs 横浜FM レポート】冴えに冴えたF東京の堅守速攻サッカー。後半戦の復活を思わせる連勝で、横浜FMを下す。(以上、J's GOALより)
posted by めーめーひつじ at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球観戦記(東京) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。