2005年07月03日

J1リーグ戦 第13節 東京×C大阪

FC東京 2−2 セレッソ大阪(得点者:東京=戸田、ルーカス/C大阪=ゼ カルロス×2)

前半からいろいろと楽しい思いをさせてもらいました。
0−0で折り返したけど、見所はあったし。ゴールまであと一歩とも思ったし。
(シュート打てそうなとこでパス・・・とかはあったけどね)

後半、加地くんのクロス→みっちゃん頭はすごかった!
ああゆう、なりふりかまわずのシュート大好きなんですよね(笑)
すぐにゴル裏に来てくれたのも嬉しかった。ヒロミのジャンプが見れたのも嬉しかった。

ルーちゃんのゴルも加地くんのシュートから。
あそこにちゃんとつめてたところがルーちゃんらしいなぁ。
ルーちゃんもすぐゴル裏に来てくれたし、何より復活が嬉しかった。

PKは・・・G2から観ててもあんまりよくわからなかったけど、
それより2点取ってから、ちょっとバラバラ気味?になったのが気になって。
攻めるのか、守るのか・・・ギクシャクしていたような感じが。

勝てそうだったけど、勝てないのはまだ何か足りないということなのかな。
・・・なんて、考えても仕方ないから前に進むしかないわけだけど。
両方とも崩されたわけではないから、次に向けて切り替えはできるかな?
つぎつぎに試合はやってくるから、相手にどんどん向かっていかないとね。


あたし個人としては、とっても悔しかったけど・・・
点を取るべき選手が取ってくれたし、他にも栗ちゃんの2列目からの飛び出しとか、
加地くんの加地くんらしいとこ(笑)とか観れたので凹むってのはないです。
「次も観に行こう」て気持ちに変わりはないです。

ただ、フミさんがいなくなった直後(とか選手交代直後)の失点は・・・。
こうゆうパターン多いなぁ、とちょっぴり思いました。


原博実監督 記者会見コメント
小林伸二監督 記者会見コメント
両チーム選手 試合後コメント
J1:第13節 F東京 vs C大阪 レポート】加地のアシストなどで奪った2点を守りきれないF東京。C大阪はゼ・カルロスの左足で貴重な勝ち点1。(以上、J's GOALより)
posted by めーめーひつじ at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球観戦記(東京) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。