2005年06月08日

ユベントスジャパンツアー2005 東京×ユベントス

FC東京 1−4 ユベントス(得点者:東京=戸田/ユベントス=トレゼゲ、スクーリ、デルピエロ×2)

楽しかった!けど(負けたのは)悔しかった!
・・・というのが、率直な感想。
後半・・・特に2失点目の後は集中切れちゃったかな?感がありましたね。残念。
でも、前半からみんな伸び伸びと思いっきりやってたなー。

おまちゃん、初先発よかったですね。
相手23番(カポたん)への殺人キック?は・・・悪いけど笑っちゃいましたが(笑)

ナオはキレキレだったし、今ちゃんはストーカー(しつこい守備)だったし、
ジャーンは高さで負けてなかったし、ミヤのクロスはすごかったし、
みっちゃんは走りまくって翻弄させてたし、祐介も身体張ってたし、
泰成くんも栗ちゃんも「(相手に比べると)ちっちゃっ!」と思ったけど、
その分がむしゃらに身体使ってやってて・・・
本当にみんなすごくよくやってたなー・・・と。

欲を言えば、もちっとスズケンと池上くんを観たかったなー。
(そういえばスズケンは「健児!」コールなのですね。)


レアル戦・ローマ戦・ユベントス戦と観たけど、
今回のが(相手が)一番本気を出してくれていたような気がします。
いい勉強になったよね、と思うけど・・・やっぱり負けると悔しいよね、今ちゃん。
でも、この悔しさは土曜につなげてくれると思ってます。
posted by めーめーひつじ at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球観戦記(東京) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。