2006年03月27日

2006年J1リーグ 第5節 東京×京都@味スタ。

J1 第5節 FC東京 2−1 京都パープルサンガ(得点者:東京=ジャーン、徳永/京都=アレモン)

最後はもう「引き分けになっちゃうのか?」という中で、
徳永の思い切ったプレイがゴールという結果に結びついて勝てて良かった。
徳永はJ初ゴールですね。おめでとう♪
やっぱりゴール前での深いえぐりだとか、思い切ったプレイは観てて気持ちいいです。

前半は相手のプレスがあまりない中で、
何回もチャンスがありながらなかなかシュートを決められずに苦しんで。
後半は自分たちも疲れてきたというのもあり、
なかなか受け手と出し手の意図が合わないこともあったりして、
悩んだり迷ったり思い切れなかったり、いろいろあったけど。
その中で勝てたことは大きいかな?と思います。

「今年はいろいろ自分も学んでいかなきゃ」と思うけど、
どうしても試合中にうーーーーーんと思ってしまうこともあったりして。
でも、こうやって試行錯誤していきながら良い方向に向かえばいいな、と。
まぁ・・・それでも言いたいことはいっぱいあったりするけど(^-^;)

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
『やべっちFC』での、中田(ヒデ)さんの言葉が印象に残りました。
・日本はパス回しが上手いけど、どんな時もパスをつなごうとしている
・パス&ゴーが大事
・高い位置からプレスをかけてくるチームにはロングボールが有効
(裏のスペースをつく→DFが後ろに下がったりプレスが甘くなるので、そしたらパスを流用する)

前節の栗澤のコメントにも似てるものはありますね。
試合状況に応じて、いろんなパターンを使えたら魅力ですよね。
posted by めーめーひつじ at 00:51| Comment(3) | TrackBack(0) | 蹴球観戦記(東京) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
京都パープルサンガで、試合しなかったー。
Posted by BlogPetのまろん at 2006年03月29日 09:37
パターンなどをプレスしなかった。


Posted by BlogPetのまろん at 2006年04月05日 09:18
きのう、相手へコメントした?
Posted by BlogPetのまろん at 2006年04月12日 09:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。