2006年03月22日

J1 第4節 川崎×東京@等々力。

川崎フロンターレ 2−2 FC東京(得点者:川崎=谷口、中村/東京=ジャーン、川口)

誰がつけたのか、「多摩川ダービー」。
東京は怪我の梶山と疲れが蓄積しているササに代えて、
宮沢とリチェーリを入れて4−4−2の布陣で川崎に挑みました。

1失点目はセットプレイから。
谷口のマークがずれてしまい、フリーで頭で決められてしまいました。
セットプレイのファウルも微妙といえば微妙だったので・・・
集中しなきゃいけなかったのかな?と思います。
清水戦といい、セットプレイから失点多いかな。

2失点目は宮沢→増嶋交代直後。
バタバタとマークがずれるうちに、ジュニーニョと中村にワンツーされて。
あれは川崎がすごかったなーと思います。なんか悔しい。

川崎はトップ3人もすごいけど、ボランチも強力なんですよね。
2点ともボランチに決められてしまった・・・orz

ウチの最初の得点もセットプレイから。
宮沢のFKをジャーンが頭で合わせて。
何か・・・とっても懐かしい点の取り方だなぁ、なんて思ってしまいました。
宮沢のキック、良かったですよ。

そして2点目は流れの中から。
栗澤のスルーパスから川口が抜け出し、GKもかわしてのゴール。
ちょうど東京側で決まったので、ものすごく興奮しました。
あのかわし方は見事でした!!!

正直 勝てた試合だったと思います。
もう少し点も取れたかな?とも思います。
(逆に点を取られていたかもしれないけど・・・)
でも、清水戦から比べたら格段に選手たちは戦っていました。
それを確認できただけで、充分心は満たされました。

特に川口と栗澤のオフザボールの動き。
あれが観れて本当に嬉しかったし、楽しかった。
今まで足りなかったものがプラスされて、周りもよい影響うけてました。
ボールもつなげるようになってましたよね。

まだまだ課題はあるけれど。
何もかも、いっぺんにやろうとしなくてもいいんですよね。
根本の、大事なところがちゃんとわかっていれば。
コツコツ続ければ、結果は必ずついてくると思います。

試合後のコメントで「相手のほうが気持ちで勝ってた」というのが一番嫌いなんですよ。実は。
だから、いつでも気持ちだけは負けないで欲しいなと思います。


次は京都戦。
一層気持ちをひきしめていきましょう!!!
posted by めーめーひつじ at 23:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 蹴球観戦記(東京) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
早い時期に結婚してしまって、少し後悔しているんです。私は、今の夫しか経験が無くって、このままでいいのかなって…。思うようになってきてしまって…冒険はしたいんですけど、やっぱりばれたりしたら怖いので…割り切りで会える方って居ませんでしょうか?連絡お待ちしてますね♪最初に年齢を教えてくれるとうれしいです。pop-music-lo-ve@docomo.ne.jp
Posted by 危険な冒険してみたい at 2009年11月27日 11:44
女子高生が集まる巷で大人気の掲示板です!女子高生の赤裸々な悩みなど最近の女子校生に興味がある方はもちろん、出会いを求める方に最適な掲示板です。http://runaway.nszqjcy.com/
Posted by 女子高生 at 2010年01月08日 21:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。