2006年04月16日

J1 第8節 東京×千葉@味スタ。

J1 第8節 FC東京 2−3 ジェフ千葉(得点者:東京=ルーカス、赤嶺/千葉=巻×2、クルプニコピッチ)

前半は、千葉に対して後手を踏んでいたなぁ・・・と。
1失点目と2失点目は、マークのずれから。
2列目3列目、サイドからどんどん出てくるのについていけてなかった。
特に1失点目は中央でフリーだったもんな、巻くんorz
一度後手を踏んでしまうと、身体が重いせいもあるのか、
なかなか直せないのが悪いときの東京、なんですよねぇ。
ルーカスとクリ(#27 栗澤僚一選手)のワンツーとか、
クリの飛び出し、今ちゃん(#6 今野泰幸選手)のあがりもあったけど、
続かないから・・・なかなか厳しいものがあったなぁと感じました。

後半、交代枠を使い切ってジャーン・ノブくん(#20 川口信男選手)・
真吾(#24 赤嶺真吾選手)を入れてきたときはびっくりしたけど、
結局3−5−2でなりふりかまわずいってチャンスが作れたものね。
・・・といってもPKは「運良くもらえた」という感じだけど(^-^;)

今ちゃんのコメントにあるように、
劣勢になってしまっているときこそ声を掛け合うのが必要かな?と。
磐田戦ではできていたのだから、できないはずはないと思うし。
次の試合ではこれを反省材料として、修正していって欲しいですね。

千葉のオシム監督のコメントにドッキリ。
Q:連戦が続くが?
「疲労、疲労と言うが、彼らはプロフェッショナルな選手。どちらにしろ練習か試合をやるわけで、ときには練習の方が試合より激しい場合もある。だからこそ、疲れているという言い訳は許されない。こういう場で疲労が溜まっているということは言えない。スタジアムというのは、彼らが仕事をする場所である」

・・・本当にその通りですorzorz

モニ(#2 茂庭照幸選手)がどんどん攻めに出てきたり、
みんなで前からボールを奪いに行こうという動きはできるのだから、
それを失点する前からやれれば・・・。

あ。真吾初ゴールおめでとう!^^
あの詰めてたの、よく浮かさずにいれたねー。
posted by めーめーひつじ at 00:53| Comment(85) | TrackBack(16) | 蹴球観戦記(東京) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。