2006年03月27日

2006年J1リーグ 第5節 東京×京都@味スタ。

J1 第5節 FC東京 2−1 京都パープルサンガ(得点者:東京=ジャーン、徳永/京都=アレモン)

最後はもう「引き分けになっちゃうのか?」という中で、
徳永の思い切ったプレイがゴールという結果に結びついて勝てて良かった。
徳永はJ初ゴールですね。おめでとう♪
やっぱりゴール前での深いえぐりだとか、思い切ったプレイは観てて気持ちいいです。

前半は相手のプレスがあまりない中で、
何回もチャンスがありながらなかなかシュートを決められずに苦しんで。
後半は自分たちも疲れてきたというのもあり、
なかなか受け手と出し手の意図が合わないこともあったりして、
悩んだり迷ったり思い切れなかったり、いろいろあったけど。
その中で勝てたことは大きいかな?と思います。

「今年はいろいろ自分も学んでいかなきゃ」と思うけど、
どうしても試合中にうーーーーーんと思ってしまうこともあったりして。
でも、こうやって試行錯誤していきながら良い方向に向かえばいいな、と。
まぁ・・・それでも言いたいことはいっぱいあったりするけど(^-^;)

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
『やべっちFC』での、中田(ヒデ)さんの言葉が印象に残りました。
・日本はパス回しが上手いけど、どんな時もパスをつなごうとしている
・パス&ゴーが大事
・高い位置からプレスをかけてくるチームにはロングボールが有効
(裏のスペースをつく→DFが後ろに下がったりプレスが甘くなるので、そしたらパスを流用する)

前節の栗澤のコメントにも似てるものはありますね。
試合状況に応じて、いろんなパターンを使えたら魅力ですよね。
posted by めーめーひつじ at 00:51| Comment(3) | TrackBack(0) | 蹴球観戦記(東京) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

J1 第4節 川崎×東京@等々力。

川崎フロンターレ 2−2 FC東京(得点者:川崎=谷口、中村/東京=ジャーン、川口)

誰がつけたのか、「多摩川ダービー」。
東京は怪我の梶山と疲れが蓄積しているササに代えて、
宮沢とリチェーリを入れて4−4−2の布陣で川崎に挑みました。

1失点目はセットプレイから。
谷口のマークがずれてしまい、フリーで頭で決められてしまいました。
セットプレイのファウルも微妙といえば微妙だったので・・・
集中しなきゃいけなかったのかな?と思います。
清水戦といい、セットプレイから失点多いかな。

2失点目は宮沢→増嶋交代直後。
バタバタとマークがずれるうちに、ジュニーニョと中村にワンツーされて。
あれは川崎がすごかったなーと思います。なんか悔しい。

川崎はトップ3人もすごいけど、ボランチも強力なんですよね。
2点ともボランチに決められてしまった・・・orz

ウチの最初の得点もセットプレイから。
宮沢のFKをジャーンが頭で合わせて。
何か・・・とっても懐かしい点の取り方だなぁ、なんて思ってしまいました。
宮沢のキック、良かったですよ。

そして2点目は流れの中から。
栗澤のスルーパスから川口が抜け出し、GKもかわしてのゴール。
ちょうど東京側で決まったので、ものすごく興奮しました。
あのかわし方は見事でした!!!

正直 勝てた試合だったと思います。
もう少し点も取れたかな?とも思います。
(逆に点を取られていたかもしれないけど・・・)
でも、清水戦から比べたら格段に選手たちは戦っていました。
それを確認できただけで、充分心は満たされました。

特に川口と栗澤のオフザボールの動き。
あれが観れて本当に嬉しかったし、楽しかった。
今まで足りなかったものがプラスされて、周りもよい影響うけてました。
ボールもつなげるようになってましたよね。

まだまだ課題はあるけれど。
何もかも、いっぺんにやろうとしなくてもいいんですよね。
根本の、大事なところがちゃんとわかっていれば。
コツコツ続ければ、結果は必ずついてくると思います。

試合後のコメントで「相手のほうが気持ちで勝ってた」というのが一番嫌いなんですよ。実は。
だから、いつでも気持ちだけは負けないで欲しいなと思います。


次は京都戦。
一層気持ちをひきしめていきましょう!!!
posted by めーめーひつじ at 23:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 蹴球観戦記(東京) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月08日

2006年J1リーグ戦 第1節 東京×大分@味スタ

2006年J1リーグ戦 第1節 FC東京 2−0 大分トリニータ(得点者:東京=ササ サルセード、リチェーリ)

開幕戦7連勝(J2からは8連勝)ですね!
勝ったのも嬉しいけど、完封ってのが嬉しいですね。

*GK&DF
土肥ちゃんが間に合ってよかったです。
赤いユニは見慣れなかったけど(個人的には黒が好き)

モニとマスは身体張って守ってくれてましたね。
モニは足痛めたりもしていたけど、いるだけで安心できるかな。
マスは高さで負けてなかったね。少しは自信、ついたかな?

悠平はちょっと「え?」というところもあったけど、
さすがに落ち着いてる(いちおうルーキーなんだけど)

規郎も頑張って守備してるなぁと思いました。
突破はあまりなかったけど、
PSMより思い切ってプレーしていたようにみえました。

*MF
イノちゃんはよく走り回ってつぶしてくれていました。
サイドがあがっているときは最終ラインに入ったり。
攻撃参加もしていました。
困るのは、時々梶山と見分けがつかない・・・(^-^;)

梶山はやっぱ時空が違うよ、ひとり(笑)
こう、わからない間があったりするんですよね。
1回、相手選手が逃げた?みたいなとこあって。
オーラが出てるのか、梶山が怖かったのか・・・なんだろう?
あとやっぱり足長いね。

今ちゃんはこのタイミングでよくここまで戻ってきたな、と。
得点の起点はすべて今ちゃんからだったし。
イノちゃんが後ろにいる分、守備の負担も減るだろうし、
もっと攻撃に絡む今ちゃんが見たいですね。

ルーちゃんもあの位置でやりやすそうかな?
相変わらず守備も惜しみなくやるし、キープできるし。
あとは惜しい場面もあったから、ゴール観たいなー。

*FW
ササたんはさすが・・・。
ファーストゴールは彼だと思っていたけど、
やっぱりやってくれたなーという感じで頼もしいです。
今季はかなり期待しています。

リチェのスピードに改めて感服。
練習試合でしか観たことなかったけど、やっぱり早いねぇ。
あと、さすがブラジル人・・・足元上手いし落ち着いてる。
チャンスをきちんとモノにしてて、すごいなぁと思いました。
初ゴール、おめでとう♪
そして早くナオが戻ってくるといいね。

ガーロ新監督の掲げる「ポゼッションしながら崩す」
というカタチからの得点は生まれなかったけれど、
先週よりも安心してパス回しなどは観れました。
いろんな相手と戦っていく中で、「新しい東京のカタチ」が
だんだん完成していけばいいなと思います。


次は新潟。
アウェイ&「魔の第2節」だからねー。
みんなが笑顔で帰ってきてくれることを、東京で待ってます。
posted by めーめーひつじ at 23:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 蹴球観戦記(東京) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。